2013年04月13日

「私は自由だ。今の人生を選んでいる」というノマド的思想とストア主義


ジェームズ・スキナーの言葉をネットでみかけました。

どっちがいいのだろうか。「私は流木だ、流されて生きている」がいいのか。
それとも。「私は自由だ。今の人生を選んでいる。」がいいのか。


答えはもちろん決まってますよね。


昨日、イケダハヤトvsやまもといちろうをニコ生で見ながら、(イケダハヤト視点の)”ノマドvs社畜”論争を考えていたのですが、このジェームズ・スキナーの言葉とイケダハヤト(イエスハヤト?)の教義が重なって思えます。


金ペカのジェームズ・スキナーの言葉はともかくとして、上記に対して「もちろん後者だ」と答えるニューエイジ的思想が今の流行りでしょうか?上のジェームズ・スキナーの言葉はほぼそのまま

「会社に囚われている」vs「ノマド的な自由な働き方」

と重なりますよね。


そして、これに対する答えはもちろんこうに決まっていると思うのです。

「私は自由だ。今の人生を選んでいる。」の方が一見望ましいが、「私は流木だ、流されて生きている」という事実を受け入れてそのように生きられる強さこそが大事で、目をそむけてはいけない、と。


職歴の行き止まりになりそうな企業にいつまでもしがみつくの反対が、自由な生き方ではないというのは、また別のお話。
posted by やまざきしんじ at 06:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。