2013年03月29日

エモーションとカリスマ

以前、塾の教室を使ってプレゼンの練習会というのをやっていました。その時のぼくのテーマは、エモーショナル!、もともとジョブ脅威のプレゼンテーションみたいな本を読んで、「あー、プレゼンやりたい!」と思って、はじめたので、いかにエモーショナルに行うかという方向に向かっていたのです。プレゼンテーションZENなんかの影響もあります。


しかし...

最近、妻がカリスマ研究をしているのですが(実際にはカリスマ研究というよりも、海外のカリスマ研究の論文などを読んでる)、それを見ると、微妙にエモーショナルとカリスマは異なります。180度ずれているとは言わないけど60度くらいずれてる感じでしょうか^^;;

例えば、エモーショナルなプレゼンテーションでもカリスマなプレゼンテーションでも間はすごく大事です。僕の感覚では最も難しいのがこの間です。うまく間を使える人は本当に凄いですよね。稀にいるそういう人を見ると憧れます。

一方、少し早口で話すのはエモーショナルですが、カリスマではありません。抑揚をつけるのも同様ですね。熱を浮かされた感じで入り込んで話しているように見えるのは、エモーショナルですが、カリスマとは違います。

#というと、ジョブズのプレゼンテーションを例に語る人がいると思いますが、ジョブズの新製品発表だけでなく、ケネディやオバマやルーズベルトなども考慮しましょう:-D

というわけで、最近はちょっぴりプレゼンテーションの練習をしようと考えています。

posted by やまざきしんじ at 09:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。