2012年12月18日

営業スキルの可視化はそろそろ行われそうな件

一般に営業スキルというと、あまりスキルというほどキレイに解明されていないのではないでしょうか??もっとも、お金になりそうなのに...

ちなみに営業スキルを鍛えますよ、みたいなことはよく言われていますが、私から見るとこれまでの自分の経歴に引っ張られすぎな気がします。例えば飛び込み営業メインと、ルート営業メインでは、また一つ1万円のものと1億円の案件ではまったく違う営業だと思いますが一緒くたに扱われている気がします。

さて、以下のような本があります。


この本はカウンセラーとクライエントの間の発話を内容は無視して可視化することで、カウンセリングというのを定量的に解明しようとしているところが素敵です。例えば、優秀なカウンセラーは無音時間が長いといった結論を出しています。カウンセリングの可視化自体はロジャースもしようとしてたと思いますが、今はロジャースの時代よりも使える武器が多いですよね。

これを読んでいると、実は営業マンもボイスレコーダーを持って、顧客との会話を全部録音して、そのデータを元に上司(まぁ、上司じゃなくてもいいけど)がフィードバックをするといった仕組みにこれからはなっていくんじゃないかと思います。データさえ集めれば、「思いつきレベル」の研修よりも、フィードバックも容易でスキルの向上がしやすくなるんじゃないかと思います。さらに、音声認識性能の向上と、キーワードの解析によりもっと多くの視点が得られるんじゃないかと思っています。

是非、どなたかやってみませんか? (^^)/
posted by やまざきしんじ at 15:09| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。