2012年10月24日

証明だって意味がある!

数学の証明は、公理のトートロジーで意味がない気がするんだけど、どこに意味があるんだろう??というのを、ここしばらくずっと思ってました。

例えば、
x+y=1
x=3
の時、
y=-2を証明した。

とします。しかし、x+y=1とx=3を、y=-2というのは言い換えをしたに過ぎません。

そして、4色問題の証明にしろ、ポアンカレ予想の証明にしろ、最終的にはある数学体系での公理とのトートロジーにすぎません。(逆にトートロジーでなければ論理が飛躍してわけなので)

じゃあ、数学の証明って何なのでしょうか?


という疑問がここしばらくあったのですが、ちょうど現代思想のチューリング特集を読んでいて思いました。計算量のことを^^;;



よくよく考えたら、証明すること自体の計算量がP(多項式時間で表現可能な計算量クラス)のようなものでなければ(まぁPでもだけど)、その証明というトートロジーを検索すること自体に意味があるということですよね。さっぱり計算量のこと忘れてました。つまり、無限の空間(←ちょっとロマンチックだし、言い過ぎ)の中から、一つの道をみつけたということ自体に意味があるんですね。


ここしばらく、数学の証明のトートロジー問題(≒意味ないじゃーん)ということが、小骨がひっかかっているようなかんじだったのですが、意外とあっさり抜けてよかったです:->
posted by やまざきしんじ at 20:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。