2011年03月09日

ソーシャルネットワークでの3つの視点

FacebookやMySpace関係の論文というのはいろいろ出ていますが(LinkedInのはほとんど見たことない)、いくつかの論文を読んでいると、サイバースペースでの人間関係という論点が気になります。これはある点ではリアルワールドと同様の社会がサイバースペースで出来るということや、現実世界との相違についてです。元々パソコン通信、NetNews、IRCをしていた僕(ある点でネットどっぷり?)には馴染みがある話です。


最近のなんとかコンサルタントとかいう(ソーシャルネットワークコンサルタントとかマーケティングとかいうジャンル)人達が書きがちなTwitterやFacebookの本は企業のマーケティングのチャネルとしての使い方です。Twitterで集客とか、そういうヤツですね。


3つめの視点が、フィードバックツールとしてのソーシャルネットワークの利用です。個人にとってのこのフィードバックが私の懸念点で、1つめの話に近いのですが、基本的にサイバースペースはリアルよりも緩いつながりが多く、さらにソーシャルネットワークのツールは、自分の興味のある人の書き込みのみを表示して、それ以外を表示しないというようなカスタマイズをしていくツールになっているために、個人には「イイネ!」という声ばかりが聞こえるようになっています。つまり、個人レベルではポジティブフィードバックの罠(ポジティブなことしか言われないし、聞こえない)があります。

一方、企業にとっては、このフィードバックはネガティブフィードバックになります。文句がない人はわざわざ企業に「ここがこうよかった」と伝えることはあまりなく、一部のクレーマーが「ここがダメ、ここを直せ」と言ってきます。もちろん全てのネガティブフィードバックに対応する必要はありませんが、企業から見れば改善点が勝手によさせられてくるのは非常に魅力的でしょう。


つまり、ソーシャルネットワークは

1.個人間のつながり(サイーバースペース)を提供する
2.企業にはマーケティングのチャネルを提供する
3.個人にはポジティブフィードバック(の罠)を提供し、企業にはネガティブフィードバック(の祝福)を提供する

というものなんですねー。
posted by やまざきしんじ at 14:37| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。