2011年02月08日

児童虐待は増えてるか?

児童虐待が増えているという言説がありましたので、軽く調べてみました。

統計はこちらですね
http://www.crc-japan.net/contents/knowledge/b_situation.html

まー、こんな統計が、”実際の”虐待数を反映しているはずもないんで、実態はどうでしょうか?

適当にぐぐった限りではこんな論文が出てきました。
http://repository.aichi-edu.ac.jp/dspace/bitstream/10424/1910/1/jissenkiyo12269277.pdf

虐待の実数についてはそもそも調べることができない以上、”絶対の真実”はわからなさそうです。
しかし、この論文でも触れられている、子供に対する殺人数の減少をもって児童虐待の減少とするという論理は正しいように感じます。

ただし、児童虐待の”質が変わってきた”という言説ならば、間違っていないと思います(もちろん正しいかどうかも分からない)。


そもそも殺人数(率でもいい)も、凶悪犯罪数(率でもいい)が減っているトレンドがあるので、このような可能性は低いだろうなー、と僕の直感はいってます:-)
posted by やまざきしんじ at 07:51| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
 ちなみに心理系大学院の試験では、児童虐待の報告件数のグラフが提示され、「このグラフから何が言えるか」を問う問題がよく出題されます。
 「近年の児童虐待に対する社会的認知の高まりや報告義務のため、報告件数が増加しているだけで、児童虐待そのものが増加しているとは言えない。」というのが適切な回答であって、「児童虐待が増加している」だと不正解となります。
 心理学においても、データを読む力は重要ですね。
Posted by まり at 2011年02月08日 10:03
もちろん、虐待件数の増減に関わらず、虐待問題は緊急を要する社会問題ではあると思います。
Posted by まり at 2011年02月08日 15:25
まー、このデータの解釈問題は、研究をしている人ならば(つまり院の入試する人なら)読み取れますよねー。

虐待の定義も不明ですが、様々な指標をチェックしていても、基本的に「昔は良かった」という言説や「最近は悪くなっている」という言説はマクロでは間違っていると思ってます:-) もちろん、ここ1,2年というレベルで話すならば経済的な問題もあり、虐待が増加している可能性も十分にあると思いますが...


あ、もちろん緊急を要するという重要度と減少傾向かどうかは関係ないと僕も思ってます..
Posted by きるひゃー at 2011年02月08日 17:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。