2011年02月02日

ルサンチマンの光景

現状がいわゆる平均以下の状況にあると、人は不満を感じるものだが(もっとも今の僕も最下層なわけだが)、そこからどう脱出しようとするのが普通なんだろうか?

どうやら見ていると、ルサンチマン型の人たちは自分のやりたいこと(=自分の今やってないこと)で脱出したがるように思えます。現在が平均以下と感じるわけなので、もちろん今やってることじゃないことをするのがいいわけだというのは理解できますが。。。

微妙に斜めなのか、今やってることをそのままやるかがいいと思うのですが...ただ、斜めってのが何なのかが難しそうですねー。


ちなみに、ルサンチマン型の人たちの前に、同級生感覚であらわれる”成功者(w”のモデルに引きづられているだけかもしれません。。。



posted by やまざきしんじ at 18:41| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
なんとなく耳が痛いお話。

「やりたいこと(願望レベル)」
「できること(他者と差別化できるか?)」
には、差が随分と結構あるんじゃないかと
最近考え中。

自分が得意と考えていることと、
他者から見た本人の長所って結構違っていたり・・・。

「自分がやってきたことの仕事の本質は?」
(俗に言う、セルフイメージやビジョン的な?)
みたいな質問が大事なのですかねー。
Posted by しおじー at 2011年02月02日 21:29
いやいや、ポイントは、得意なこととズレてることで、現状からの打破ですよ。。。

あぁ、この言葉は自分に全てまるっと跳ね返ってくる。。。orz
Posted by きるひゃー at 2011年02月04日 00:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。