2011年01月26日

ミームマシンとしてのわたしたち

というわけで、下のリンクのTEDにあがってたデネットのミームに関する説明を見ました。日本語字幕つき(^^)/

これ見てると、ビジネス畑の人はバイラル・マーケティングが有効と思ってしまいがちですよね。

実際には、バイラル・マーケティングでは、ある時点において”二次の感染者÷一次の感染者 >1”となるようなどんどん増加していくバイラル・マーケティングなんてなくて、せいぜい”二次の感染者÷一次の感染者”が0.5までいけばかなりいい方くらいです(詳細はDHBRのバックナンバー参照)

ミームすげー、ほ本当ですが、「これ、商売に使える!!」というのは早計ということです。ご注意を。


あ、スーザン・ブラックモアの動画は別にありますよー:-0
posted by やまざきしんじ at 08:59| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
ちなみにこのバイラル・マーケティングについては、DHBR2010/10のダンカン・ワッツの記事参照。

ダンカン・ワッツはガチガチの研究者というイメージなんですが(彼の著書は挫折しがちー)、この記事も説明が上手くないなーと思った記憶があります。
Posted by きるひゃー at 2011年01月26日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。