2013年08月20日

男女脳は科学に見せかけた、ステレオタイプの再生産

昨日、本屋に寄ったらプレジデントが売ってました。


特集が「女の脳と男の脳はどこが違うか?」...

普段はスルーの僕もさすがに抑えきれずにチェックです。タイトルがヤバイ、ヤバすぎる...
黒川なんとか、なんとかピーズとかが記事書いてたらどうしよう...


※黒川なんとかは、脳科学を專門にする方らしい(自称)で、男女脳が云々という本をたくさん書かれています。
※なんとかピーズは、著者紹介によるとコミュニケーションの専門家らしいです。嘘について調べてる時に「本音は顔に書いてある」という本を読んだのですが、あまりのデタラメっぷりに怒りを通り越した記憶があります。(もちろん正しいこと*も*載ってますが...)



でも雑誌には、最初に「基本として、男女で脳の差はありません」といった一文があったので、一安心しました。

この男女脳については、「脳梁が云々」と自称脳科学者がテキトーなことを言ったり、「昔は男性は狩りをしていたので...」というその後にどんなテキトーなことでも言えちゃう魔法の弾丸だけでオレ理論を語っちゃう人たちがいるので要注意です。

#ちなみに(自称)脳科学者の多くがちっとも脳の研究者じゃないっていう謎...まぁ、名乗るのはタダだからな..そして、「昔は男性は狩りをしてたので...」は理由の説明には(百歩譲って)いいけど、現象の説明のためにはアンケートなどの定量的なものを持ってこないとダメだろ..と。どこの古代哲学だよ(悪い意味で)


ところで、この雑誌、多くは別に脳に関係なく、「男性はこうです、女性はこうです」といったことが載っていたわけです。そして、これらの多くが実は脳の生得的な傾向でなく、単なるジェンダー・ステレオタイプ(男性はこうである、女性はこうであるというステレオタイプ的な見方)に依存しているだけじゃないか、と思えて仕方ありません。


#ジェンダー・ステレオタイプの実験として有名なのは、数学の試験の前に「男性は数学ができる、女性は数学ができない」といったステレオタイプのある地域で、性別を意識させてからテストすると女性はより数学ができなくなるといったもの。


実は、「基本的には脳は男女の差はありません」(←もちろん全くないわけじゃないけど、多くのデタラメ専門家が言うほどにはない)と言いながら、様々な記事でジェンダー・ステレオタイプを再生産しているだけな気がして微妙な気持ちになりました...

posted by やまざきしんじ at 06:56| Comment(2) | 日記

2013年08月17日

読書についてのわずかな考察

お盆の読書はほとんどファンタジー小説を読んでました。ページ数だけなら約1500ページくらいでしょうか。実はポパーの「推測と反駁」という700ページくらいの本を読むつもりだったのですが、100ページくらいしか進んでません..^^;;

これは、主な原因の一つとして子供の相手をしながらだとファンタジー小説は読めるけど、哲学書は読めないということです。


哲学書はしっかりと一つづつ考えながら読まないといけない(場合によっては、紙と鉛筆で図示しないと読めない)のに対して、小説はそのままサクサク読めるからです。そういえば実家にはボルヘスの小説と長谷川宏の本が置いてあるんですが、子供がいる時は小説しか読めません。


現在、スタノビッチとウェストのシステム1・2の話を読んでいてその影響を受けているためか、哲学書は完全にシステム2的な(つまり分析的、理論的に)読書ですが、小説はシステム1的な(情緒的、直感的な)読書だからでしょうか?もしくは、子供の相手をある程度しながらだと、そこに認知資源を取られてしまうため、哲学書は読めないのでしょうか。


そういえば、速読をする場合には、このようなシステム1で読まないといけないと思いますが、それゆえに(まともな)哲学書は速読できません。(もちろん知ってあることが書いてある本ならできるけど..) もっとも、この件は速読教師は否定するかもしれませんが..(もっとも豊かな読書経験をしている速読教師は滅多にいないのでほとんどの人の言明は無視できますし、まともな速読教師は同意してくれるでしょう、おそらく)

実は、この件を考えながら、なんとか子供の相手をしながら重い本を読む方法を考えようと思っていたのですが、よくよく考えると無理そうです。やっぱり認知資源をそこに使ってしまっているのではないかと思います。そう考えると、子守用に小説をいくつか用意しておくというのが正解な気がしてきました。もしくはあまり頭を使わない作業に近いような仕事をするか...
posted by やまざきしんじ at 09:35| Comment(0) | 日記

散髪メモ

約1ヶ月ですか..

前あたり 6cm
上〜やや後ろ 4cm
後ろ(上半分) 4cm
後ろ(下半分) 3cm
横 2cm

梳くのは、バリカンでなくスキバサミでチョキチョキしました。横2cmはちょっと長すぎだから1cmがやっぱいいんじゃないかなー。
posted by やまざきしんじ at 09:25| Comment(0) | 日記

2013年08月07日

はじめてのオネショ

先日、母親がメロン狩りに行ってきたらしくメロンをもらいました。おっきなメロンで1週間ほど経ったので日曜日にようやく切って知人と半分食べました。残りを冷蔵庫に入れといて昨晩切ったのですが...子どもがめちゃ食べました。メロンメロン!と一人で1/3以上食べてしまいました。

そこで念のためなるべく寝る前にトイレにいっておいたのですが...やっぱりやっちゃいました。



パンツ生活をはじめてもう3ヶ月くらい経ったと思いますが、今朝ははじめてオネショをしました。といっても、布団が濡れるほどではなく、パンツが濡れる程度でしたが..うーん、メロン効果でかい..(^^;;

ちなみにちょっとしたオネショだったせいか、子どもは全然気付かずずっと寝てました :-D
posted by やまざきしんじ at 17:39| Comment(0) | こども

2013年08月06日

2013年7月の読書記録

7月 の読書記録

5冊読了ですが、実際には仕事の周辺の本があるので+4冊くらい読んだ感じでしょうか..(仕事に関連する本はここに登録していないので)

ゲイリー・ハメルの本は、いつものゲイリー・ハメルの本といった感じでしょうか。最近の本は全部こんな感じでしょうか。既読の内容も多かったと思います。

「オタクの行動経済学者、スポーツの裏側を読み解く」はなかなか面白かったです。別の意見もあるかもしれませんが、こういったスポーツの本はあまり読んだことなかったので楽しかったです。マネーボール好きにはオススメ:-D

オリエンタリズムは、チョムスキー的な主題をフーコー的に書いてみたといった本。冗長でした。おかげで読了にすごく時間がかかりました..このディスクール的手法はあんまり好きになれない。ダーウィンの「種の起源」、ドーキンスの「利己的な遺伝子」、ジャレド・ダイアモンドの「銃・病原菌・鉄」みたいな本は、一つのことを様々な観点から語っているので、分量があっても楽しめたのですが、この本は引用元が違うといったレベルだからなー。


【読書状況】 5 冊読了 / 3 冊購入 【購入費】 3464 円

「オリエンタリズム〈下〉 (平凡社ライブラリー)」
エドワード・W. サイード 平凡社 1631 円
読了(2013-07-27)

「オリエンタリズム〈上〉 (平凡社ライブラリー)」
エドワード・W. サイード 平凡社 1631 円
読了(2013-07-24)

「The Bantam New College Latin & English Dictionary, Revised Edition」
John Traupman Bantam 624 円
読了(2013-07-23)
古い羅和辞典しか持ってないので買ってみました。この値段でこの内容なら大満足!!
(読了にしてますが、辞書なので便宜的に..)

「オタクの行動経済学者、スポーツの裏側を読み解く」
トビアス・J・モスコウィッツ,L・ジョン・ワーサイム ダイヤモンド社 2100 円
読了(2013-07-19)

「経営は何をすべきか」
ゲイリー・ハメル ダイヤモンド社 2310 円
読了(2013-07-06)
posted by やまざきしんじ at 08:04| Comment(0) | 日記